ニュースリリース

2012.02.03 「第4回 ものづくり日本大賞 特別賞」を受賞いたしました。

株式会社シャルマンの技術者グループは、第4回ものづくり日本大賞の
産業・社会を支えるものづくり/製品技術開発部門に応募し、特別賞を受賞いたしました。
今回の賞は、日本国内において高度な技術的課題を克服し、従来にない画期的な製品・部品や
生産技術の開発・実用化を実現させたグループを表彰したもので、当社社員のほか、
東北大学総長 井上明久氏、大阪大学教授 片山聖二氏などを含めた、計9名のグループでの
受賞となります。

ラインアート シャルマンは今回の賞を受賞した
エクセレンスチタン及び微細レーザ接合技術を駆使して作られた代表ブランドとなっております。
    
●「ものづくり日本大賞」とは
「ものづくり日本大賞」は日本の産業・文化の発展を支え、豊かな国民生活の形成に大きく貢献
してきた「ものづくり」を着実に継承し、さらに発展させていくために経済産業省、文部科学省、
厚生労働省及び国土交通省の4省連携により、2005年8月に創設され、2年に一度開催している
表彰制度です。

http://www.monodzukuri.meti.go.jp/index.html
 
   

    
●受賞に際し、評価を受けたポイント
・ニッケルフリー超弾性チタン合金の開発
 東北大学金属材料研究所との共同研究で、ニッケルを含まない超弾性チタン合金(エクセレンスチタン)を  
 世界で初めて工業製品として開発した。
・チタン合金の微細レーザ接合技術の開発に成功
 大阪大学接合科学研究所、ふくい産業支援センターとの共同研究で、微細レーザ接合技術を開発し、溶接 
 傷や熱影響による軟化が少ない加工条件方法を見出した。
・超弾性チタン合金の細線化加工技術
 高品質な表面状態を保持しつつ、直径1mmを大きく下回る(従来の約半分)細線化に成功。眼鏡フレームと
 して従来にない柔らかいかけ心地と斬新なデザイン提案を可能とした。
・素材と加工技術の両面で、真似のできない競争力の高い技術・製品を生み出した。
    

   
●第4回ものづくり日本大賞 特別賞 受賞メンバー
   
筆頭者(リーダー)
氏名:岩堀 一夫(いわほり かずお)
株式会社シャルマン 取締役 専務執行役員(グループ製造統括)
   
グループのメンバーリスト:
(1)氏名:三好 英世(みよし ひでよ)
 所属・役職等:株式会社シャルマン・マネージャー
(2)氏名:多田 弘幸(ただ ひろゆき)
 所属・役職等:株式会社シャルマン・エキスパート
(3)氏名:中村 浩(なかむら ひろし)
 所属・役職等:株式会社シャルマン・エキスパート
(4)氏名:井上 明久(いのうえ あきひさ)
 所属・役職等:東北大学・総長
(5)氏名:王 新敏(わん しゅんびん)
 所属・役職等:東北大学金属材料研究所・客員教授
(6)氏名:片山 聖二(かたやま せいじ)
 所属・役職等:大阪大学接合科学研究所・教授
(7)氏名:川人 洋介(かわひと ようすけ)
 所属・役職等:大阪大学接合科学研究所・准教授
(8)氏名:強力 真一(ごうりき しんいち)
 所属・役職等:福井県工業技術センター・主任研究員
 (現 福井県産業労働部地域産業・技術振興課産学官連携推進室・室長)

2012.02.03